包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 包茎手術を理解していない事から発生するものもあります

包茎手術を理解していない事から発生するものもあります

包茎手術は包茎の悩みを解決する事ができる手段かもしれません。しかし、包茎手術を受ける事によって、さらに悩みが増えるなんて事もあるのです。
そんな悩みから少しネガティブになってしまうかもしれません。そこでここでは実際にあったクレームやトラブルを紹介し、少しでもデメリットに対して知識をつけておきましょう。知っていれば少しは安心できるかもしれません。また、知識を持っていれば医師との相談の際に、しっかりとした確認が行えます。
包茎手術によるトラブルの中には、包茎手術を理解していない事から発生するものもあります。
特に良くあるクレームとしては、無オルガズム症というものになってしまう事です。
これは性行為時に絶頂に達する事ができなくなる事です。
無駄に思われる包皮ですが、この包皮には感覚神経が通っていて、性行為時に快感を感じています。手術によってこの包皮を取り除くわけですから、快感が減ってもおかしくはありません。
仮性包茎の人にとって、性行為の際に包皮が向ける感覚を快楽と感じている人もいるのですが、手術によって包皮がなくなれば、それを感じる事もできなくなります。
このように包茎や手術に関して正しい知識をつけていれば予測できるような事が、包茎手術のクレームとして多くあります。
無オルガズム症によって性行為が困難になってしまう事も考えられます。男性側は感覚が鈍くなっているので、性行為が激しくなり、女性側に負担をかけてしまうようになるかもしれません。
このように包茎手術を受けたから、夫婦関係や恋人関係に亀裂が入ってしまうという事も考えられます。
自分に本当に手術が必要かどうか、手術のデメリットは銅貨をしっかりと確認する事が重要です。

関連記事: