包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 亀頭が露出するのです

亀頭が露出するのです

日本人の大半は仮性包茎と言われています。仮性包茎は後天的な物であり、どんな人がなるという明確な物はありません。そのため、どんな男性にも関係のある物です。
男性は子供のときはみんな亀頭が包皮に包まれています。そのため、誰もが一度は包茎になっているという事になります。
大抵の人は大人になってから包茎について悩むのですが、子供の場合はどうなのでしょうか。
男性は子供の頃はみんな包茎の状態です。それが成長につれて包皮が下がって行き、亀頭が露出するのです。
このとき成長によって包皮が下がってこない場合には、包茎になります。
ではどういう段階で包皮が下がっていない場合に、包茎について悩むようになるのでしょうか。
男性が大きく成長を迎えるのは、第二次性徴期という段階です。これは一般的には、声変わりやひげが生えるなど、体に大きな変化が現れる時期になります。この時期に包茎であった性器が、包茎でなくなる人が多いです。
しかし、成長によって自然には亀頭が露出する事がない人もいます。この場合に、自分の意志で亀頭が露出できる場合が仮性包茎、包皮口が癒着しているなどして亀頭を露出する事ができない場合には、真性包茎になります。
では、子供の頃から包茎にならないように包皮を下げるように癖づけておけばいいのでしょうか。もちろんそういった方法もありますが、注意するべき点があります。それはカントン包茎です。
カントン包茎は包皮口が狭いにも関わらず無理矢理下げる事によって亀頭を締め付けてしまう物です。これは痛みが伴うので、すぐに治療が必要になります。
そもそも仮性包茎であれば日常生活にさほど問題はないので、そこまで気にする問題ではないかも知れません。

関連記事: