包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 悪化して手術をする事になる事もあります

悪化して手術をする事になる事もあります

仮性包茎ならまだしも、真性包茎の自分が自力での治療で治るわけがないと考えている人もいるのではないでしょうか。もちろん真性包茎の人は仮性包茎の人より自力での治療が時間がかかり、かつ成功率も低くなります。しかし、真性包茎だから手術が必要というわけではありません。
真性包茎の場合には、自力での治療によってまずは仮性包茎にする事から始まります。こういうと少しハードルが下がるのではないでしょうか。
真性包茎から仮性包茎になれば、日常生活に支障がでる事もなくなるので、ひとまず治療の成果が現れる事になります。そのためそこからの治療にも力が入ります。
しかし、仮性包茎にするというだけでも簡単な事ではありません。これにも長期的な治療が必要になります。せっかちになって無理矢理治療すると、悪化して手術をする事になる事もあります。
自力での治療は基本的に包皮の皮を剥いた状態で癖づける事になります。そのためにまずは包皮を伸ばして行きます。
包皮が余っているのに包皮を伸ばすと逆効果なのではと考える人もいるかもしれませんが、まずは包皮を引っかかっている部分から外したり、亀頭を露出させる必要があります。
包皮を伸ばすといっても包皮口を広げて行くという感覚です。
最初は痛い人もいるかもしれませんが、徐々になれてきます。そうして包皮口を広げて行きましょう。
包皮口が十分広がったら、包皮口を下げて亀頭を露出しましょう。この状態を癖づけるのです。
この治療は基本的に入浴時に行うようにしましょう。包皮が柔らかくなるのを助けてくれます。

関連記事: