包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 新たな悩みができないように慎重に行動しましょう

新たな悩みができないように慎重に行動しましょう

包茎の人であれば誰もが包茎の治療に興味があるでしょう。その中でも手術というのは一番有名な治療法で、最も有効的な治療として昔から行われてきました。
現在では機能的にも見た目的にも完璧な仕上がりができる包茎手術ですが、昔は機能的な部分だけを重要視した手術でした。
現在の手術でも多少のリスクは伴うものの、大きなトラブルも少なくなってきているので安心できる治療法と言えるでしょう。
包茎治療の進歩の過程を少し紹介しましょう。
包茎手術の中でも20年前には中央部環状切開縫合術という方法が行われていました。これは包皮内盤が多く残ってしまうため、縫合部の前後の色がくっきりと別れてしまうという見た目的な問題が残るものでした。
現在、包茎の見た目に悩んでいる人が多いのを考えると、この治療法はあまりいいものとは言えません。
そこから徐々に技術の進歩により、現在主流となっている亀頭直下法という方法が生まれました。
亀頭直下法というのは、余っている包皮を亀頭したの包皮から根元に向かって計測、切除、縫合を行う手術方法です。
この方法を使う事によって、傷跡が目立っていた縫合部は、亀頭下の環状溝という部分に収まるようになります。そのため傷が目立たなく、見た目も完璧になります。
しかし、この亀頭直下法というのは、治療をする側の技術が必要になります。技術がない人がこの治療をすると、トラブルになる事があります。
そのため包茎手術を行う際には、過去の実績などから信頼の置ける石に手術をしてもらう事が重要になります。
包茎から解放されるための手術で、新たな悩みができないように慎重に行動しましょう。

関連記事: