包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- デメリットが発生してきます

デメリットが発生してきます

包茎の人にとって、包茎手術は包茎から脱却するための手段でしょう。しかし、手術以外にも包茎という悩みから解放される手段も存在します。そういった事を知らないままに手術を受けてしまうのは少しもったいないかもしれません。
包茎の人はみんな手術によってその悩みから解放される事ができます。しかし、包茎の状態によっては手術を受けない方がいい場合もあります。
包茎手術を受ける人は一般的に真性包茎やカントン包茎など日常生活に支障が出る状態の包茎の人です。これは性行為が難しいなど、包茎の治療を行わなければ日常生活を十分に送れないため、保険も適用する事ができます。
逆に言えばそうでない人は包茎手術を行う必要はありません。仮性包茎の人は基本的に見た目を気にしているだけなので、パートナーと良好な関係を保っていれば、特に気にするような事でもないでしょう。
特にパートナーとの相性がいい場合には、手術を受けない方がいいと言えます。
手術によって性器の形状が変化します。そのため今までは性器の相性がよく、快感を感じていた性行為が、手術を受けた事によって快感が減ってしまう事もあります。
そういった違和感によって女性に負担をかけたり、感覚が鈍くなったりと、手術を受ける事によって、デメリットが発生してきます。
自分が本当に手術が必要なのかどうかを冷静に判断しましょう。包茎は自分の力で治療する方法もあります。様々な方法の中からしっかりと自分にあったものを選択しましょう。

関連記事: