包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 包茎の手術では局部麻酔を使用します

包茎の手術では局部麻酔を使用します

包茎に悩む人にとって、包茎の治療というのは興味のある事でしょう。
包茎治療の中で最も有効と言われているのは包茎手術です。包茎手術を行っているクリニックはたくさんあります。
包茎に悩む人であれば多くの人が包茎手術に興味を持った事があるでしょう。
そこでここでは包茎手術がどのように進められて行くかを紹介したいと思います。
ここでは一般的な物を取り上げて行きますので、詳しくは治療を受けるクリニックの医者に確認してください。
まず、手術までの流れとしては診療から始まります。そして診療後に手術に同意し、手術に進みます。
手術の前には陰茎部の毛を剃る事になります。これは手術中に何らかの菌が入らないようにするためです。どのような手術でも部位の毛をそり落とします。
次に包茎の原因になっている余った包皮の測定になります。この余っている部分を切り取る事が包茎手術の一番の目的になります。
ここできちんとはかっておかないと、術後に包皮が足りなくなるという事もあります。
ここまで来たらいよいよ手術がスタートします。
手術には麻酔をします。しかし、全身麻酔をしてしまうと術後に数日の入院が必要になります。そこで、包茎の手術では局部麻酔を使用します。これにより術後すぐに帰宅する事ができます。
手術には約1時間かかります。そして手術が終わって麻酔が切れれば帰宅する事ができます。
術後1ヶ月は性交などの刺激を与える行為は行けません。1ヶ月経って何も問題がなければ無事包茎手術は終了になります。

関連記事: