包茎は早期に治療しましょう!包茎治療に必要な情報サイト【包茎ナビ】

- 色々な改善方法を試してみる

色々な改善方法を試してみる

包茎の人は早漏である、という世間の考え方はあながち間違っているわけではありません。
それは包茎の人は亀頭が包皮に包まれているので、刺激に弱くなっているからです。

これは早漏であるだけでなく、単にこすったりすると痛みが生じると言ったような刺激にも弱いです。人にもよりますが少しこすっただけではれるような場合もあります。
真性包茎の人は、亀頭を鍛える事も必要になります。亀頭を鍛えるというとなかなか想像が難しいかもしれませんが、包茎を治すのと同時に進行する事ができます。

包茎を治すには皮を剥く訓練が必要になります。その際、亀頭を露出させる事になりますが、このときに亀頭を鍛えるのです。もし亀頭を露出させても特に痛みを感じないようなら問題はありませんが、下着にあたるだけで痛みを伴うようであれば、訓練が必要でしょう。

まず、亀頭を露出した状態にして下着をきないで寝るようにします。この際、包皮を長時間向いていても大丈夫なくらいまでは訓練しておきましょう。
長時間何にも触れる事なくまずは亀頭を露出させるようにするのです。
それになれたら下着を着ましょう。最初は痛みがあるかもしれませんが、長時間亀頭が露出する事になれているので、徐々に痛みになれてきます。

これが亀頭を鍛えると同時に包茎も治す方法です。亀頭を鍛える事ができれば、包茎もいい方向へ向かって行きます。
また、早漏も改善できているでしょう。
こういった方法を試してみる事から始めましょう。

包茎を改善するための器具

包茎の人であれば、包茎手術を受ける事を考えた事があるでしょう。
しかし、包茎でない人が包茎になる手術を受ける事を考えた事があるでしょうか。
ほとんどの人はそんな手術の存在すら知らないでしょう。

包茎になる手術は、包皮の再生手術です。これは手術もありますが、器具を使い矯正を行う方法もあるようです。

包茎を改善するための器具は日本にも売っていますが、包茎になるための器具は日本で手に入れる事は非常に難しいです。そのため海外から入手する事になります。
海外のオンラインショップで日本にいながらに入れる事ができます。
そうして手に入れた器具を使って包皮をのばす事になりますが、意外と長期間かかり、1年から3年かかると言われています。器具を使えばある程度は確実にのばす事ができます。

この包皮再生は、皮膚の伸びる能力次第ですので、どれくらい伸びるかは人次第です。
長期間かける事ができない人は、包皮再生の手術を受ける事になります。
手術は2回に分けて行われるそうです。
1度目は陰茎の皮を亀頭部分に移す手術。2度目の手術は抗がんの部分から皮膚の組織を移す手術です。

包皮の再生の手術には痛みがある事を知っておきましょう。
麻酔が切れた後も痛む事があるようです。
包茎改善の手術と違い、包皮再生の手術は効果がはっきりとしていません。
そのためこの手術はほとんど行われていないようです。日本では手術を受ける事すら難しいです。